上級編 運営の自動化

やってはいけないSEO

はぁ~アフィリエイトにも慣れてきたわ。徐々に報酬も増えてきたし。この調子でもっとサテライトブログを増やしていこうかな。

おっ、順調にいっているようですね。

まぁね。トラフィックも上がってきて、月に数万は稼げるようになったわ。おかげで同人誌買いまくっちゃってもう何から手をつけてよいのやら・・・。

そ、それはよかったですね。教えた甲斐がありましたよ。

それはともかく、何かメールで「我が社のSEO対策でもっとアクセスを増やせます!」みたいなのが来たんだけどこれってどういうこと?

SEO業者からメールがきましたか。SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化という意味です。要はGoogleなどで検索した時に、検索結果の最初のほうに自サイトがくるようにサイトを改善していくことです。検索結果の上位にサイトがくればクリックしてもらえる率が格段に上がるので、WEB業界では馬鹿の一つ覚えのようにSEO、SEOと言われていますが、お金の無駄なのでやめたほうがいいですよ。

えー。でも先行投資と思えばいいんじゃない?

まぁ別に全てのSEO業者を否定しているわけではなくて、ちゃんとキーワードを精査してサイト全体を改善して外部リンクも質のよいものを提供してくれるSEO業者なら多少信用してもよいですが、それでもやっぱりSEOをうたっている業者は時代遅れも甚だしいですね。

時代遅れ?SEOって効果がないってこと?

効果がないとは言わないですよ。でもそこにお金を使ってまで効果を求めるのはおかしいということです。お金を使うならもっと良い使い方がありますからね。GoogleのSEOに関するページを見てもらえればわかりますが、Googleも遠まわしにSEO業者はやめておけと言っているように見えませんか?

確かに。「Google で最上位に掲載されることを保証できる人はいません。」って書かれてるもんね。そうかーSEOは意味ないのね。

いや、業者に頼んでまですることではないですが、個人レベルでのSEOならやっぱりやったほうがいいんですよね。Googleが提供している「検索エンジン最適化スターター ガイド」を読めば、検索エンジンに対してどういったサイトを構築すればよいのかがわかります。おおまかに言えば、

■タイトルとdescriptionメタタグをページごとにちゃんとつける
■見やすくする
■内容を濃くする
■サイトを適切に宣伝して被リンク数を増やす

ということです。そんなに難しいことを言っているわけではないですよね。十分個人で出来ることです。まぁなんだかんだ言っても結局は内容の濃い(文章が多い・オリジナリティーがある)サイトが上位に来ると思います。今は多少違うかもしれませんが、検索エンジンは年々賢くなっているので、たとえ今上位に表示されていても、内容のないサイトはどんどん下がっていくでしょね。

なるほどねー。SEOってそんなに難しいことをしているわけじゃないのね。業者に頼むぐらいなら自分でサイトの内容を濃くしていけってことね。

そうですそうです。飲み込みが早くて結構。じゃあ逆にお金をつかってもいいことを教えましょう。それはSEMとLPOです。

ああ、SEMは走査電子顕微鏡(Scanning Electron Microscope)のことね。私がオックスフォードで学んでいた時に生体試料の観察で使ったわ。LPOは「レディー・ガガのパイオツ」のことね。SEMとLPOの関連性がまったくもって理解不能なんだけど。

逆に関連性があるのなら私が聞きたいところです。もう何からつっこんでよいのやら。SEMはSearch Engine Marketingの略で、SEOにプラスしてさらにサイトへの誘導、商品への誘導、購入までの一連の流れを構築することを指します。

それならオックスフォードのビジネススクールでMBAを取得した時に習ったわ。

いやもうそこは一回流したでしょうが。二度とツッコミませんよ。

うう・・・。きびしいぜ。

まったく。それでLPOはLanding Page Optimizationの略で、ランディングページ、つまりユーザーがあなたのサイトに一番初めに辿り着くページ、多くはサイトのトップページですが、そのページを最適化して、商品購入ページへ向かわせることです。一般的にユーザーがそのページを見て、そこから離脱してしまうか下層ページへ行くかの判断は8秒程度で決めてしまうと言われています。でも実際にはその半分の4秒程度でも十分離脱の可能性はあります。やはり素人が作ったサイトでは魅力に欠ける部分があるので、すぐに離脱してしまう可能性が高いですから、ランディングページだけでも業者に頼むのはありだと思います。ちゃんとしたWEBデザイナーに作ってもらえば購入ページへの誘導率も格段に上がりますからね。プラスLPO業者は適切なキャッチコピーや購入につながる構成を考えてくれるので、かなり費用対効果は高いと思います。とは言え、SEO業者の良し悪しと一緒で、信頼できるLPO業者じゃないと騙される可能性もあるので、業者選びには慎重にならないといけませんが。まぁSEOと違ってLPOはサイトの変化が目に見えてわかるので、効果はともかくやり逃げということにはなりませんから安心だと思います。

確かに、トップページがしっかりとデザインされていれば信頼感も増すもんね。これは検討に値するわね。

そうでしょう。それで話はSEMに戻りますが、SEMの中でも一番重要なのがやはりトラフィックを増やすことです。とにかくサイトへ来てくれる分母が増えれば、購入者数も比例して増えるので、どうせお金を使うならトラフィックの獲得に全力でお金を注ぎ込むことです。

全力でねぇ。まさかトラフィックをお金で買えるとか言うんじゃないでしょね。

おっ!まさにその通りです。トラフィックはお金で買えるのです。

本気と書いてマジで?

本気と書いてマジです。具体的には「Googleアドワーズ」や「スポンサードサーチ」などのPPC広告に登録します。PPC広告とは誰かが広告をクリックしてサイトに来てくれた時にだけ、1クリックいくらという感じで費用が発生する仕組みなので、クリックされなければお金が一切かかりませんから、費用対効果が高い広告です。しかも、Googleアドワーズもスポンサードサーチも、登録して広告を出稿すると、その広告が検索結果の上位または目立つ所に表示されます。これはSEOでやりたいことと同じことなので、SEOにお金をかけるぐらいならGoogleアドワーズにお金を払って必ず目立つ所にリンクを貼ってもらったほうがいいということがおわかりいただけたと思います。ただ、人気のキーワードだと広告を出している人が多いので、CPC(Cost Per Click)つまり1クリックの値段を上げなければ上位表示されなくなってしまいます。この辺のバランスは自分の感覚で身に着けていくしかありませんね。
あ、ちなみにアダルトサイトの場合は「JLISTING Ads」というPPC広告がありますので、それを使えばよいです。

やっぱりお金を沢山稼ぎたかったらそれなりにお金を使わないといけないってことね。

ブログの宣伝の所でも触れましたが、2万円稼いだらその2万円を広告費に回して5万円稼ぐ、またその5万円を広告費に回して10万円稼ぐ、というように段階を踏んでいけば良いと思います。そうやってSEMでトラフィックを稼いで、LPOで確実に購入につなげるというのが、理想のアフィリエイトだと思います。

なるほど。だからSEMとLPOはセットでやるといいのね。パイオツはまったく関係なかったわね。

そりゃそうでしょうよ・・・。

つづく

PR

便利ツール

アダルトアフィリエイトサービスプロバイダーランキング

  1. 第1位
    DTIアフィリエイト

    アダルト動画

    TVCMもしている大手サイトなので安心感があり購入者が多い!

  2. 第2位
    DTIアフィリエイト

    アダルトASPの最大手でサイトの種類も素材も豊富!アフィリエイトの第一歩はここから!

  3. 第3位
    エンジェルアフィリエイト

    アダルトチャット業界No.1のエンジェルライブ専用アフィリエイト!

さらに詳しく

アダルトASPとは?